結婚指輪との違い

婚約指輪とよく勘違いされやすいのが、結婚指輪です。婚約指輪と結婚指輪は基本的に同じ指、左手の薬指につけることがほとんどですので勘違いされることもあるのですが、その意味合いは少し異なる為、注意が必要です。婚約指輪と結婚指輪の違いについてご説明します。

まず、デザインが全く異なることがほとんどです。婚約指輪には、一点宝石が入っていたり、何らかの装飾が施されていることが多いのですが、結婚指輪の場合は、日常生活に密着している指輪の為、極力シンプルに作られ、何の装飾も施されていないことがほとんどです。近年では大粒のダイヤモンドを使った結婚指輪なども用意があるようですが、基本的にパッと見が全く異なりますので、見た目で判断することが出来るでしょう。

次に、付ける期間が基本的に異なります。婚約指輪は結婚式や、結婚指輪を貰うまでの間、結婚指輪は結婚式で指輪の交換を行ってからや、結婚指輪を貰ってからというのが一般的です。最初は婚約指輪をつけて、途中で結婚指輪にシフトすると考えられるでしょう。近年では結婚してからも、結婚指輪と重ねて婚約指輪をつけている方も居ますが、二重につけているだけでよくわかりますので、判断がしやすいと言えるでしょう。

婚約指輪はいつする?

女性の悩みの一つである、婚約指輪をする時期。婚約指輪を彼からもらったら、基本的にはこのような時期につけると言われていますので、参考にしてみて下さい。

婚約指輪をつけるのは、本人の好み次第です。指輪をプレゼントされた当日、結婚式、結婚指輪を貰うまでの間はもちろん、結婚をしてから、結婚指輪と重ねて婚約指輪をつけるという方も居ます。また、職場の関係上、指輪を全くつけてはいけないという場合もあるかもしれませんが、その場合は、お出かけの場や、社交の場など、職場以外で積極的につけるというのも一つのポイントと言えるでしょう。

特に何らかの理由がない、通常の職場であれば、婚約指輪や結婚指輪はアクセサリーとしてはとらえられず、付けながら仕事をしても問題がない指輪として知られています。飲食系のお仕事や美容師系のお仕事などは指輪は基本厳禁ですが、事務職などであれば、特に問題が無く指輪をつけていくことが出来るでしょう。もちろん職場によって異なりますので一概には言えませんが、気になる場合は、上司が指輪をどうしているかや、就業規則をチェックしてみると、一番確実です。

また、親御さんへの挨拶の際には、婚約指輪をつけて行っても問題は有りませんが、家庭によっては、挨拶前から指輪をつけるのを嫌う人もありますので、相手によって変えましょう。