どんな指輪を贈る?

婚約指輪は結婚までの間につけられることが多い指輪ですが、そんな婚約指輪を贈る際には、どのようなデザインの物を送ればよいのでしょうか?婚約指輪の見た目の特徴についてご説明します。

婚約指輪は多くの物が、シルバーまたはゴールドを基調としたリングが利用されています。結婚指輪とは違い、装飾が施されているものがほとんどで、ダイヤモンドが一点ついていたり、誕生石がついていたり、何らかの宝石が付いている指輪が多いでしょう。中には大粒の宝石が付いた婚約指輪を贈る方も居ますが、相手の職場環境によっては、派手な装飾が施された指輪が禁止になっていることがありますので、事前に確認をしておくべきと言えるでしょう。

また、婚約指輪は基本的に細身のデザインの指輪が多いと言われています。近年では相手の好みに合わせて、太めのリングを利用する方も居ますが、TPOに合わせやすい為、よく相手の好みがわからない、どれを選べば良いのかわからないという場合は、無難に細身のリングの婚約指輪を選んでおきましょう。

また、結婚してからも結婚指輪と合わせて婚約指輪をつけたいという女性も居るため、婚約指輪とデザインが合っているものを選ぶのも一つの手です。