どんな指輪を贈る?

婚約指輪は結婚までの間につけられることが多い指輪ですが、そんな婚約指輪を贈る際には、どのようなデザインの物を送ればよいのでしょうか?婚約指輪の見た目の特徴についてご説明します。

婚約指輪は多くの物が、シルバーまたはゴールドを基調としたリングが利用されています。結婚指輪とは違い、装飾が施されているものがほとんどで、ダイヤモンドが一点ついていたり、誕生石がついていたり、何らかの宝石が付いている指輪が多いでしょう。中には大粒の宝石が付いた婚約指輪を贈る方も居ますが、相手の職場環境によっては、派手な装飾が施された指輪が禁止になっていることがありますので、事前に確認をしておくべきと言えるでしょう。

また、婚約指輪は基本的に細身のデザインの指輪が多いと言われています。近年では相手の好みに合わせて、太めのリングを利用する方も居ますが、TPOに合わせやすい為、よく相手の好みがわからない、どれを選べば良いのかわからないという場合は、無難に細身のリングの婚約指輪を選んでおきましょう。

また、結婚してからも結婚指輪と合わせて婚約指輪をつけたいという女性も居るため、婚約指輪とデザインが合っているものを選ぶのも一つの手です。

婚約指輪とは?

プロポーズをされる時に渡される定番アイテムと言えば、婚約指輪です。様々なデザインがあり、指輪の販売ショップでの取り扱いも数多くあると言われている婚約指輪ですが、そんな婚約指輪は、一体いつ、どんなタイミングでつける物なのか、疑問に感じてる女性も多いのではないでしょうか?婚約指輪とはどんなものかについてまずはご説明します。

婚約指輪は、プロポーズを受けた当日に貰ったものをその場でつけるのももちろんOKです。考え方としては、結婚式までにつけておく指輪と考えると良いでしょう。基本的には結婚式当日まで、結婚指輪を貰うまでに、周囲に婚約をしたという事をアピールすることが出来る指輪として知られていますが、結婚後、婚約指輪と結婚指輪を重ねてつけるという方も珍しくありません。

結婚指輪も婚約指輪も、職場などで特に決まりが無ければ、基本的にはどの場につけて行っても大丈夫なものですが、婚約指輪の場合は結婚指輪とは違い、宝石が突出したデザインの物もありますので、作業の邪魔になってしまうこともあります。その為、TPOを弁えるだけではなく、付けていく場も多少は考えておく必要があると言えるでしょう。

婚約指輪は、男性も女性も付けることが出来る指輪ですが、婚約指輪の場合、基本的には女性のみつける習慣が多いようです。ペアリングを買ってお揃いで身に着けるのももちろん良いですが、男性側にリングをつけることを強要すると、嫌がられてしまう可能性もありますので注意が必要です。